早漏を克服するための方法

男性にとってラブタイム時に早漏防止という悩みを解決すれば、パートナーとの仲を良好なものへと変える事が出来るでしょう。
そもそも、その様な悩みの毎自体の定義は曖昧模糊としたものであり、確定したものは無いと言われていました。
しかし2003年に開かれたある会合では、膣内に挿入している時間が120秒以内で、かつ上手く射精をコントロール出来ない状態であり、パートナーや当人が十分に満足出来ない状態という目安を決めた模様です。
その原因とされているものは、幾つかありますので紹介しましょう。
一つ目としては、仕事場での人間関係、そしてノルマやプレッシャー等が原因となるストレスです。
仕事を終えて退社して帰路につく電車やバスの中でも、帰宅して風呂に入っている時でも、あるいは食事の時にも仕事の事で頭が一杯で、常に仕事の事が頭から離れないという人はいるでしょう。
その様な状態では幾ら性行為を行う部屋に香水を撒いたり、間接照明で良いムードにしようとしても、なかなかリラックス出来ないかも知れません。
その為に、直ぐに射精してしまうという事は考えられる事です。
二つ目の可能性としては、脳内に存在するセロトニンという感情を司るDNAが通常の男性と比較して活発に働かない為に、数倍のスピードで絶頂を感じ射精してしまうという事があり得る事が判明した事です。
この様な場合は薬剤を使用すれば、問題の解決に近づくかも知れません。
三つ目としては性行為の経験が浅い為に、自分は上手く出来るだろうか等の緊張が頭をよぎり、あっという間に射精してしまうという事が考えられます。
以上、問題点の幾つかを挙げてみました。
さて、今度はどうしたら前述した様な早漏防止解決出来るのかを探っていきましょう。
まずはトラディショナルな方法で、1970年頃に開発された方法です。
パートナーにペニスを亀頭を刺激して貰い射精しそうになったらペニスを膣外へ抜き、パートナーの手指でその射精感がなくなるまで一定時間待ち、またペニスを挿入するという行為を繰り返すという方法です。
二点目は抗鬱薬として使用されている、選択的セロトニン再取り込み阻害薬を使用する方法で、一定の効果がある事が臨床試験で判明しています。
三点目は射精感を鈍麻させる天然ハーブが配合されたスプレーやローションを使用する方法で、副作用が無いというのはメリットと言えるでしょう。
性行為を行う20分程度前に亀頭部分に塗布し、注意事項としては行為が終わったら水で必ず洗い流す様にしましょう。